古道具るごろの古物屋営業日誌

「はいからびゅーちふる」な古道具・古物&中古レコードの店「るごろ」の気まぐれ営業日誌
<< 終了しました。 | main | おまわりさんにつっこみを入れた >>
北九州に行ってきた
店主のお兄さんがけがで入院しているので、
北九州の病院まで出かけた。
第一の目的はお見舞いなのだけれど、折角なので、
色々と回る事に。

お昼、お腹がすいたので八幡で昼食。
店主が好きなちゃんぽん屋へ。



ハラペコ店主が足早に向かう「八幡のチャンポン」。
昔は銀河という名前だったらしい。
店主は今でも銀河のチャンポンと言う。



チャンポン屋で焼きそばを注文。
しかもカツのせでプリーズ。
これが絶品。
回りの様子をみているとチャンポンと焼きそば、
注文は半々というところ。


満腹、満足で歩いていると、こんなものを見つけましたよ。



じと〜

とある美容専門学校のウインドー。
ちょっと、ねぇ。


さて、病院へ。



ぶ〜ん


若戸大橋を渡り、若松の病院へお見舞い。
お兄さんけがした足は痛々しかったけど元気そう、よかった。
お兄さん、お姉さん、姪っ子と1時間ほどお話しし、
病院を出て、戸畑へ。



タクシ運転手さん、気をつけて



以前、チラシ設置にご協力いただいたカフェcotoha(コトハ)さん。





素敵な空間で、飲み物をいただきました。
静かないい時間が流れていました。
ゆっくりしたい気持ちを振り切って、小倉へ。




ずっと行きたくて、夢にまで見ていたココ。




焼き鳥好起


その昔、小倉で仕事をしている時に毎週来ていた。
昔はもっと古いビルの地下にあって、もっと狭くて
すぐに満席になるので、早く帰れる人が席取りに走ったりしていた。
それくらい美味しいお店。
当時はご夫婦だけで営業されていて、ご主人が強面だけど
美味しい、絶品な焼き鳥を焼いていた。

奥さんはいらっしゃったようだけど、
ご主人の姿が見当たらなかった。
代わりに若い方達が焼いていた。





この豚バラが、大好物。
けど・・・こころなしか、昔ご主人の焼いていたのはもっと
柔らかくて、ジューシーだったような。
これもそりゃ充分美味しいのだけれど、
ご主人もう焼いてないんだろうか。
元気なんだろうか、ちょっと残念。



さて、駆け足北九州旅の〆は八幡に戻って
雪文アイスクリーム。





できたてイチゴアイス。
あぁ、おいちい。おいちいねぇ。


他にも巡りたい場所やお店が沢山。
今回はあまりにも駆け足だったのでここまで。
まるで食べ歩きのようになってしまった。
胃腸の弱いるごろ夫婦は翌日・・・
それでも大満足な旅。また行くぞ。


| 日々の事 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.lugoro.net/trackback/1095839
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE