古道具るごろの古物屋営業日誌

「はいからびゅーちふる」な古道具・古物&中古レコードの店「るごろ」の気まぐれ営業日誌
<< 今日から8月 | main | 朝の風景 >>
学生さんはおもしろい

夏空!


ここ数日いろんな方と会って、お話しして
何だか充実している。
先日とある専門学校の先生方とお話ししたが、
それが結構ツボにはまってしまった。

まずは「高校生は一体どこにいるのか?」という話題。

映画館に居ないという。
コクリコ坂を観に行ったと言う40代の先生。
「映画館居ないんですよ、居るのは僕みたいなおっさんばかり」
ほほぉ。

フィギア売り場にも居ないという。
「よだれを垂らさんばかりに眺めているのは僕みたいなおっさんか、子どもだよ」
へぇ。

釣り場にも居ないという。
「いるのは僕みたいなおっさんか・・・」
つまりはおっさんはアチコチに出没するが、高校生の姿を見ないと言う話。

「一体女子高生はどこにいるんですかねぇ」と
気付くと、ある先生の話で高校生が女子高生になってしまっていて、
それはちょっと誤解されちゃうんじゃないかと、
男子高校生もいませんよ〜とあえて突っ込んでみたが、
「男子高校生って言わないでしょ〜おかしいよ〜、そこは高校生でいいでしょ〜」と言われ
え、なんで?とその基準の不可解さを抱えながら
話はどんどん転がって行った。


次の話題は、学校としてツイッターを始めたが、
何を書いていいのか一向に思いつかないという話。

何でも良いですよ。ほら、若者って時に考えられない事件起こしたりするでしょ
そうゆうのをつぶやいたら面白いんじゃないですか。
と振ってみると、
「あ、ある!ある!この前、学生でおでこから血流しながら職員室に来たヤツがいた。
びっくりして聞いたら、自転車立ちこぎしてたら街路樹の枝が刺さったって言うんですよ。
アホだな〜って」

「あ、あと、親指の爪剥がしたって来た学生もいましたねぇ、マキロン貸してって。
爪剥げても学校には来たんだぜっていやに誇らしげでしたけどね。」
アホやな〜・・・。


しかし心配なのは、ものづくりになかなか関心を示さない子が増えているという話。
本当だろうか。
生きづらい世の中ではあるけれど、
若者はおバカでいい、ノビノビ育ってほしいとふと思った昼下がり。


| ひとりごと | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.lugoro.net/trackback/1095309
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE