古道具るごろの古物屋営業日誌

「はいからびゅーちふる」な古道具・古物&中古レコードの店「るごろ」の気まぐれ営業日誌
秋の日に
9月に入り日差しは明らかに柔らかくなり、
夏を通しての私のちょっとした迷いにも踏ん切りがつきました。

今年の梅干、諦めた・・・

この夏はなんでしょうかね、お天道様がなかなか顔を出さず、
ずっと梅干樽もってカーッとした日を待ち構えていましたが、
ちょっともうこのゆるい日差し、無理みたい。
よって今年はサクッと梅漬けに変更です。
お天道様の恩恵をたっぷり受けた梅干は来年にお預け。
梅漬けも柔らかくて美味しいみたい。特に今年は完熟するのを待って
漬け込みましたので、今のところトロトロな感じ。
初挑戦でしが、乞うご期待。

今月はいくつかイベント出店の予定です。
営業日も含めて後ほどアップしまーす。

| 梅日記 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅畑にて


母の梅畑の手伝いをするようになって3年ほど。
こまめに世話をすることが出来ないのが心苦しいところだけど、
週末時間が取れたので久しぶりにやってきた。

一人で無心に枝に張り付いた苔を落としながら、
不要な枝を伐採していっていると
ぶーーんとミツバチ。
気の早いミツバチだなと改めて畑を見回すと
ツボミしかないと思っていた畑に
2輪、3輪と花が開き出している。
ハチはしっかり季節を感じ取ってそろそろと
次の準備を進めているのだと感心してしまった。

作業を進めていると枯れ葉が枝の先にくっついていて
取ろうとするがなかなか取れない。
ところがよく見ると葉っぱじゃない、
なんとヤモリっぽい生き物だったらしいものが
枝に突き刺してあってカピカピにミイラ化している。
こ、これがモズのはやにえってやつか!ひぇ〜ひゃー。
この指先でしっかりつかんでしまったじゃないか!
しかも取ろうとしてかなりしっかりと。
モズのやつ〜モズのやつ〜
このモズのかどうかわからないが、鳥の巣もしっかり残っていた。
なかなか来ない畑でいろんな生き物が暮らしている事が
なんとも微笑ましくて楽しくなる。



去年漬けた梅干しも梅酒も順調に育っているし、
今年も沢山実ったらまた面白い事をしたいなと考えたりしてます。
どうでしょねー。


| 梅日記 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅ちゃん2013


今年も梅の季節がやってきた。
母の梅畑は昨年大豊作でマルカデットのかおるさんに
ジャムにしてもらったり、シロップにしてもらったり
夏のイベント用に加工してもらった。
美味しかったねぇ。
でも結局とりきれないまま地面に落ちてしまったものが
たくさんたくさんあった。

草刈りや剪定はやってはいるけど、
黒いそばかす状の黒星病がうちの梅には必ず現れる。
カビのような菌が原因らしいのだけど、
梅酒にしても梅干しにしても必ず水洗いした後
水につけてアクぬきする工程があるし、
1つ1つふいて漬けるのでそれで大丈夫。人体に害は無い。
問題は見栄えが悪いので、なかなか良いお値段では売れない。
農薬散布すれば簡単らしいのだけどそれはしたくない、うん。
とにかく今度は剪定をガンガンやってみよう。
冬の間も菌は木に潜伏しているらしいのだ。



黒いそばかすが出ちゃうのよー


さて、来月の半ばは梅の収穫。
今年も豊作らしい。
昨年も少し持ち帰ってるごろでも販売したが、今回も販売します。
2キロ300円くらいにする予定。
販売の日が決まったらお知らせをブログおよびツイッターにて。


去年の梅はたくさん梅シロップにした。
ふつうは梅と砂糖を漬け込んだら10日後くらいで
出来上がりなのだけど1年漬けてみた。
本当はカビが生えたり発酵したりするのであまり長く漬けない方が良いらしいが、
漬ける時に35度以上のアルコールを入れると良いとネットにあったのでやってみた。
そしたら浸透圧が1年かけてじっくりじんわりとエキスを引き出したみたいで
梅がもうシワシワお婆に。
梅にもシロップの甘みがしみ込んで甘酸っぱく美味しくなっていた。
梅はすごい、奥が深い。
さて今年も暑さと毛虫とブヨと戦いながらの収穫、がんばります。



シワシワおばあちゃん達

| 梅日記 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅ちゃん
母が管理している梅畑。
順調に実が育っています。
きれいな緑の青梅。
今年はこれで少し面白い事ができればと
思っています。




おまけ。
叔父の愛猫チョンに可愛いベイビーが誕生してました。
3度目の出産なんだって。
近づくとシャー!言う、可愛げの無いネコですけどね
なかなかの美人さん。

| 梅日記 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の梅は・・・

10粒くらい

ダメでした。
今年は遅霜だったらしく、おまけに枝を思いっきり
切り落としたので、ほぼ実りは無く。
成っている実を数えても10コ程度。
これじゃ、収穫はできない。
今年は諦めて来年に備えるべしですな。
残念。

失意の中、近所の祖母宅へ。
お久しぶりの祖母御歳90歳は腰は曲がっているものの
元気そのもの。午前中にジャガ芋掘って来たらしい。
同居している叔父太郎のネコ『チョン』が子ネコを生んだというので
覗いてみると『シャー!シャー!』と威嚇して側に寄せつけない。
それでも無理に覗いてみるとチョンの体の奥の方に
チョンと同じ柄の小さいのが2匹チョロチョロしている。
カメラを向けると
『ほらほら、あんた達もっと奥に行きなっせ(←熊本弁)』
とばかりに無理やり奥に押しやってしまった。
ちなみに太郎のネコはいつの時代も『チョン』。
雄、雌関係なく『チョン』。
恐らく・・・ネコを呼び寄せる時にやる舌打ちが
腹が立った時の『チェッ』の口をオの形にして『チョッ』とする。
『チョッ、チョッ、チョッ』とネコを呼ぶ。
これを言葉にしてチョン。
毎度名前を付けるのが面倒な男はネコをチョンにした。
歴代チョンは独身男、太郎の心を癒してきたわけだ。


現役チョン全身で警戒中『タロさん以外は許さんばいた!(←山鹿弁)』

祖母の家を出てボツボツ歩き、近くのお寺へ。
どうか来年は梅鈴生りでよろしくお願いします〜。
と地蔵さんズに手を合わせた。
今年はそんなところ。
梅酒も、梅シロップもおあずけ。


笠地蔵を彷佛とする地蔵さんズ
| 梅日記 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅の事とか店舗の事とか

梅の花、少しだけ残ってました。

ずっとお天気が悪くて伐採した梅の枝を燃やす事ができず、
仕方なしにその枝を燃やしやすくするために
細かに切る事2時間、お昼になったのでサクッと切り上げました。
梅畑から帰る道すがら、小川にカモ夫婦が仲良くスイスイ。
「カモやー待たんかー」と言ったら本当にスピードダウン。


なんか用か?

要するに今回は悪天候によりほとんど作業しませんでしたよー。


さて福岡では・・・
店舗改装中につきお休みしています。
何を改装しているかというと



押し入れの部分をね・・・



カウンターにしてます。
あぁ、これでお皿包む時にドキドキしなくていい。
これからはお店の押し入れに潜んでますよ。

追記
浅川マキさん亡くなられてたんですね。
知らなかった。
また一人・・・合掌。
| 梅日記 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅の木を燃やす

里山風景

ここのところ色々ありまして熊本は山鹿へせっせと通っているのですが、
これから更に通う事になりそうでして・・・

数年前、母カヨコさんは山鹿の祖母が住む村の梅畑を手に入れました。
ですが、これまでほぼ放置状態。
草刈りなんかは時々やっていたようですが、梅の実なるまでほとんど放置。
そんな状態をカヨコさんの幼なじみのお兄さんは放置できず
新年早々、梅の手入れ方法のご指導に来られたそうです。
そんな親切を受けてカヨコさんは言いました。
『一人じゃ無理バイ』
やるやるやるーーー!私手伝うからがんばろーやー!!
やった事もない畑仕事を始めることになったのです。
山鹿にいくぞ、梅に会いにいくぞ、今年はがんばるぞ。
その記録としてプログに残しておこうと思います。


まだ蕾は開いておらず

幼なじみのお兄さんはまず梅の木の不要な枝を
バッサバッサと伐採しました。
基本的に枝が3つに分かれている部分の1本、
内側に向かっている枝を伐採するそうで、
かなりの料の枝が積み上がっています。
まずはそれを燃やします。


カヨコさん、火の用心ね〜

その間、梅の木に寄生している苔をこそぎ落とします。
この苔が梅の栄養を奪ってしまうので、
病気になりやすくなるんですって。
うちの梅の木にはどれも苔がビッシリ!
あぁ、ごめんよぉぉぉ・・・と心で詫びながら苔を落とします。


苔がびっしり


きれいになりました。


今回の作業はここまで。
っていうかたったこれだけなのに体がバキバキ筋肉痛。
なまってんなー。

さて、伐採した梅の木に蕾がたくさん膨らんでいたので、
飾りやすい細い枝をちょいちょい切って持って帰りました。
家にある紹興酒のつぼに生けるとここのところの暖かさで
どんどん花が咲いて、今朝見るとほぼ満開状態に。


匂いも良いんだぞー

だけどウチには思わぬ敵が・・・




せっかく咲いた梅の花、食べてたんだと!
美味かったか?あ?
| 梅日記 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE