古道具るごろの古物屋営業日誌

「はいからびゅーちふる」な古道具・古物&中古レコードの店「るごろ」の気まぐれ営業日誌
従順上手
おやつのササミ巻きガムをバランス上手に鼻に乗せ
マテが出来るようになって以来、
『乗せる』事に抵抗がなくなったビーグルいぬ、りんご。
鼻、頭、お尻、前足とどこにでも乗せてくれる。
ある日、台所で大根を切っていると足下で
ヒンヒン(くれくれ)要求してうるさいから
じゃコレ乗せてみ、ポン!






キリッ



大根のしっぽを頭に乗せてくれましたよ。
誂えたお帽子みたいでお似合いです。
面白かったのでお礼に大根の皮とこのしっぽを上げました。
冬大根はあまくて美味しいね。



どう?へへっ
| ワンコの話 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年もやるぞ!

今年もやるぞ!(盗み食い)

頭、背中、お尻にシールだの使いかけのホッカイロだの
ペタペタ貼っても動じないきゃわいいりんごちゃん。
掃除機にだけは牙をむくねー。掃除中、鬱陶しいねー。

テレビで素行に問題のあるイギリスの高校生が犬の調教を
する事で更生するドキュメント番組の中で
犬とダンスする場面を見て、コレやりたいと思い
おやつでつって二本足で立つ訓練をしたっけ。
今じゃバランスよく立ち上がるりんごちゃん、
この特技を盗み食いに遺憾なく発揮する。
まさに予想外の害。
台所の流し台の上のまな板を狙うのよね。
ダンスはしない全く。

でも元気が一番。
それでよし。

| ワンコの話 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝の風景
家の片付けをする店主を何気なく邪魔する犬。
そうかそうか、じゃブラッシングしてやろう。


背中をザッ、ザッ。




実はりん子はブラッシングが苦手。
タイミングをはかって・・・





モゾモゾするからキライよ! あ、こらまて!


ぴゅ〜〜〜〜ん



逃げられた。


おしまい。
| ワンコの話 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
寂しい気分

ルンルンでE先生の病院へ


毎年恒例のフィラリア薬受取と狂犬病注射にE先生の動物病院へ。
美味しいおやつがもらえるのでりん子お楽しみのイベント(?)。
今年も待合室から大騒ぎで、
扉が開くと駆け込んで行った。

「毎度お騒がせします、ヘヘッ。」と診察室に入る。
注射をし、体重を量り、聴診器で診てもらう。
「りんごちゃんはいくつになったかな」
えーっとウチに来た時が確か5〜7歳くらいだったから、
あれから6年ですから・・・。
「あぁそうか、だいぶ心臓が弱ってきてるね」

近頃りん子、咳き込むことが多くなった。
年のせいで気管支系が弱ってきてるかなと思っていたが、
実は心臓が原因らしい。
今のところさほどひどくないので、取り急ぎどうこうという事では
ないらしいが、ひどくなってきたら治療をはじめましょうと言われた。


心臓ね・・・
日ごろ食欲旺盛、元気いっぱいでも、
顔は真っ白になってきたし、
確実におばあちゃんになってきてるのだと
少々寂しい気持ちになった。

永遠に一緒にいれる訳ではないので、
ここで悲しんでもしかたない。
これからも大いに笑わせてもらおうじゃないか。
頼んだよと、りんごの耳を持ち上げて言ってみた。



待合室にて。熱視線の先にはE先生、
メチャメチャ好き。
| ワンコの話 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
踏まれたり、蹴られたり
あんまり寒いので、ホットカーペットを炬燵仕様に。
案の定りんごがもぐるようになった。


まずは上半身をあたためて・・・





一気にもぐり込む




スルリ


しかし、何処にもぐったのかこっちは分からないから
勢い良く足を入れた先がりんごの腹だったり、尻だったりで
『ヒン!』とか訴えられたりする。
たまに鼻先をふんずけたりも。
それでもめげずに今日も炬燵にもぐる。

りんごちゃんや、春が待ち遠しいねぇ。

| ワンコの話 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
粘着質
近頃散歩の途中、何かとE先生の病院方向へ
向かおうとするりんご。
毎回痛い思いしているはずなのに
それを上回るほどのここでいただける
おやつの美味しさ、大きさにゾッコンのようで・・・
今朝も強引に先生の病院の前へ。




先生いるかしら?



お〜い、開けて〜!センセ〜センセ〜〜!あたしよー



おっかしいわね〜お休みかしら〜

この時点で朝の6時半。
ひつこいったら。
| ワンコの話 | 16:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
犬の話 2連発

『ありりっ?ごはんは?』 ヨ〜シヨシヨシ(なでなで)。
遊んでごまかす。



先日の狂犬病注射の際、
りんごの首にある直径2cmくらいのしこりについて
E先生に相談してみた。
去年の末くらいに存在に気が付いたが、
どうせ脂肪の固まりかなんかだろうと放っておいた。
せっかく久しぶりに病院に来たのだからと
軽い気持ちで尋ねたのだが

『これは・・・あんまり良くないしこりかもね。
手術して取っておいたほうが良いよ。』

えっ!
予想外の答えに驚き。
E先生は本当に必要な時にしか処置はしない。
ちょっとした症状では「放っておきなさい」と言うのみ。
りんごの親指の爪がズリッとはがれた時に
あまりに痛そうなので先生に電話したら
そのままにしておきなさいと言われた。
「でも痛そうなんで・・・なにか処置できませんか」とさらにすがると
『できません』とバッサリ。
でもおっしゃる通りそのままにしてしばらくすると
すっかり次の爪がきれいに生えてきていた。
大騒ぎすることなかった、
犬の治癒能力は人間を上回る速さだもの。
その先生が言うことだから従うしかない。

『電話で予約して来てね。』

はい。

って事で、それから2,3日後にE先生に電話をかけた。

「りんごの手術なんですけど」
『あぁ、じゃ水・木・金曜日のどれかでどう?』
「じゃ、水曜日で」
『水曜日ね。じゃ、午前中に連れてきて。午後には帰れるから』
「え、そんなにすぐですか?」
『それと朝ごはんは食べさせないで来てね』

えぇぇぇぇ〜〜〜!
これは大変だわ。食に執着するりんごに朝抜きなんて・・・
こりゃ暴れる、間違いない。
うるさいから朝イチで連れて行こ♪

「午前中って、先生のとこ何時からでしたっけ?」
『・・・9時からだけど・・・なるだけ遅く連れてきていいよ』
「遅くって・・・いや朝イチで連れて行こうと思って。」
『・・・手術は簡単なんだけどね・・・(りんごちゃん)うるさいから
さすが、読まれている。
「いやいや、朝イチで。フフフ」
『いやいや、おそ〜くでいいよ、午前中ギリギリで。フフフ』

で、今朝。
昨日のサッカーにつき合わせ、夜更かしをさせたのが
功を奏したのか朝も遅く、しばらくボ〜ッとしているところを
なでなでしたりゴロゴロさせたりで遊んでごまかし、
E先生との間をとって10時半にりんごを連れて行った。
先生のところで、りんごはかなりオカンムリ。
『なんでくれないのさ!なんで食べられないのさ!!』
ワオオオーーーン!!

3時には迎えに行っていいってさ!
りんごや、しこりを取って待っててね〜。

追記
りんごの首のしこりは、悪性の腫瘍とかではなく
例えれば『大きなニキビ』だったそうです。
ちょっとしたキズにばい菌が入って大きく成長したらしい。
今日のりんご、手術したの?ってくらい元気です。
| ワンコの話 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
犬をめぐる不思議な話

常に疑いの目で見ている

スイカが好きなので、この季節は大好きだ。
大きなスイカをエイヤ!と持ち帰り、
台所でサクッとまっ二つに割って冷蔵庫に収める。
その際ずっと横に張り付いて様子を見ているりんご。
「食べんよー、今は食べんよーもうちょっと冷えてからね」
と言っても、ずっと疑いの目で見ている。

深夜。
りんごもしっかり寝たし、そろそろスイカも冷えたろうと
ヌキ足サシ足忍び足で、リビングへ。
ドアをなるだけ音をたてないように閉め、
冷蔵庫からスイカを取り出し、サクッと切る・・・

ドンドンドンドン!!

りんごがドアをノックする。
すっかりこちらの企みは心得ているらしい。
ドアを開けるなり飛び込んで来て
『その丸い甘い香りのヤツ、食べるでしょ、くれるでしょ。』
とでも言っているのか、ずっとヒンヒン言っている。
泣く泣く分け合った。

次の深夜。
またまた同じチャレンジ。
ヌキ足サシ足忍び足・・・今度はドアを閉めなかった。
すると、なんとりんごは来なかった!
どうやら
『ドアを(そっと)閉める』→『中でやましい事をしている』→『無断で何か食べてるらしい』ダッシュ!
と中学生の母親のごとくビンビンにアンテナをたてて
こちらの様子を監視しているらしい。

さて、散歩へ行きますか。とりんごを外に誘い出す。
『早く行きましょうよ!早く〜』と乱舞していたのに、
突然ハッ!と冷静になり『クンクンクン』と鼻を利かせる。
ダッシュ!そして犯人を捕らえた!
店主が台所でかつお節をつまんでいたのを発見したのだ。
当たり前に差し押さえ。恐るべし。
飼い主のパターンをしっかり把握しとる。

今年も恒例の狂犬病注射+フィラリア薬いただきにE先生の動物病院に。
あいかわらずの喜びっぷりで、待合室で順番待ちの間もずっと雄叫び。
凍り付く他の飼い主の皆さんに
「すいません、中に入りたくてしかたないんですよ。バカでしょ〜」
と言うと「元気でいいね〜」と苦笑の嵐。
順番が回って来て飛び込んだ診察室。
スタッフの方にジャーキーをいただき、ご満悦なりんごちゃんに
E先生今年の一言「完全に目的を誤っとるね」
はぁ、全くです。
人間の年齢に換算すると60歳くらい。
落ち着きのない60歳。
色んな事をおかしな形でインプットしている不思議な我が犬。
| ワンコの話 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
焼き芋ドロボー


アタシの焼き芋食ったんは誰じゃ!

おやつにとバッグに忍ばせていたアルミホイルで包んだ焼き芋。
階段とこにちょっとのつもりでバッグを置いてたのが悪かった。
しかもチャックをパックリ開けて。
物音もたてずにやって来て、そっとその鼻先を差し入れ・・・

しばらくして戻って来るとソワソワソワ右前足と左前足交互に上げたり
ゴロンしたり様子が変だな〜とソファーの上をみると
バラバラになったアルミホイルが。
油断も隙もないとはお前の事!


お芋の食べ過ぎでオナラぷっぷ〜だね〜

今年はお芋も美味しくてやめられません。

ところで雪積もりましたね〜。
九州人はやっぱり・・・

作るでしょー、写真に撮るでしょー。

| ワンコの話 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
柿食えば

お店の南天の実も良い感じで色付いてます

家の門を入ったあたりに数段の階段があり、
カラスの悪意なのかその辺りに柿の実を落としていくので、
グリッと転びそうになる事この秋数回。
そこへりんごセンセ登場。
こちらへ見えないように口一杯に柿の実1個をほおばり
自分の布団へ持ち込み必至に食べるのです。
いえね、全部見えてるんですが
そのコソコソしている姿が面白くて
「りんごちゃん、何してるの?」
「りんごちゃん、何か食べてるの?」
と問いかける訳です。
すると見つかると怒られると思って、
もうがむしゃらに食べる食べる。
最後なんか『さすがにもうバレてんだろなー』とばかり
ひっくり返ってごめんなさいしながら
柿のヘタをモグモグしたりして。
どこまで卑しいんだか。

「棚からぼたもち」ならぬ、
『空から甘柿』
必死だなセンセ。


バレとったか
| ワンコの話 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE